資料請求の際は・・


ビジネス文書もメール文章もキラリ☆


【資料請求の際の例文】

平成○年○月○日

 ○○○株式会社
  人事部 御中

資料ご送付のお願い


 謹啓 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
私、○○大学○学部4年に在学中の〇〇と申します。現在、医療コンピュータメーカーを中心に就職活動を行なっております。その中でも、適正価格戦略にて、業界の新たなリーダーを目指されている貴社に非常に共感をおぼえました。
 つきましては、貴社の会社案内・製品カタログなどの資料等を、ご送付いただきたくお願い申し上げます。
 お忙しいところ、誠に恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
謹白


〒111-111 〇〇県〇〇市〇〇〇
電話000-000-0000 携帯電話090-000-0000
〇〇大学〇〇学部4年
〇田 〇男





【注意点】
就職課や、職業安定所にて、担当者の名前がわかる場合は、「人事部 〇〇殿」のように、担当者の名前を書きましょう。なお、受け取る会社側からして、一番困るのが、郵送する際の「封筒」の宛名の部分に、ただ単に、「株式会社〇〇御中」とだけ書いてあるものです。実際に私の会社であったエピソードですが、ただ単に、宛名には「株式会社〇〇御中」、裏側の名前は、これまたただ単に「個人名」という封書が、就職を希望する学生の方から届いたのですが、実際、その封書が開封されたころには、募集が終わっていたという、当人からすれば、笑えないこともあります。

就職を希望する会社に、資料請求をするさいは、中身も、もちろん大事ですが、開封してもらわないと話しになりませんので、しっかりと「担当部署」「担当者」、そして、その両方がわからないときには、しっかりと「資料希望」という文字を封筒に書いておきましょう。

なお、ここで出てくる「謹啓(きんけい)」「謹白(きんぱく)」とは、「拝啓」「敬具」よりも丁寧な場合に用いるので、こういった初めて、就職を希望する会社に、資料請求を行なうさいの頭語と結語にはふさわしいと思われます。(まぁ、うちの会社なら、拝啓でも別に何も思いませんが・笑)


【PR】頭文字 D 映画 DVD 安い

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。