応募書類を送付する際は・・


ビジネス文書もメール文章もキラリ☆


【応募書類送付の際の例文】

平成○年○月○日

 ○○○株式会社
  人事部 〇〇 〇〇殿

応募書類送付の件


 謹啓 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
先日は、お忙しい中、資料を送っていただき、ありがとうございました。資料を拝見し、貴社の社風や、今後の展望を勉強させていただいた結果、是非とも、より詳しい内容をお聞きしたうえ、私も貴社の一員として貢献できればと思い、履歴書及び必要書類一式を送付させていただきます。まずは、直接、お話しできる機会をいただきければ幸いです。
 お忙しいところ、誠に恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
謹白


〒111-111 〇〇県〇〇市〇〇〇
電話000-000-0000 携帯電話090-000-0000
〇〇大学〇〇学部4年
〇田 〇男





【注意点】
就職課や、職業安定所にて、担当者の名前がわかる場合は、「人事部 〇〇殿」のように、担当者の名前を書きましょう。なお、受け取る会社側からして、一番困るのが、郵送する際の「封筒」の宛名の部分に、ただ単に、「株式会社〇〇御中」とだけ書いてあるものです。実際に私の会社であったエピソードですが、ただ単に、宛名には「株式会社〇〇御中」、裏側の名前は、これまたただ単に「個人名」という封書が、就職を希望する学生の方から届いたのですが、実際、その封書が開封されたころには、募集が終わっていたという、当人からすれば、笑えないこともあります。

また、学生の方に多いのですが、上記のような、言ってみれば、履歴書などに、ちょっと添える文書に、おそろしいほどの自己PR文を書きなぐって、添え状が、2枚、3枚となっている方がいらっしゃいます。あの〜 はっきり言いますが、そんなに一生懸命、添え状書いても、読みませんので。。。あしからず。

あくまでも「添え状」は「添え状」
そんなにパワーがあるのなら、しっかりと「履歴書」や「エントリーシート」に力を注ぎましょう。

なお、ここで出てくる「謹啓(きんけい)」「謹白(きんぱく)」とは、「拝啓」「敬具」よりも丁寧な場合に用いるので、こういった初めて、就職を希望する会社に、資料請求を行なうさいの頭語と結語にはふさわしいと思われます。(まぁ、うちの会社なら、拝啓でも別に何も思いませんが・笑


【PR】頭文字 D 映画 DVD 安い

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。