テクニカルライティング(倉島保美氏の著書紹介)


テクニカルライティング7つの法則

1 総論を先に述べる

2 パラグラフで構成する

3 各パラグラフの冒頭に要約文を置く

4 総論と各論の展開を一致させる

5 1文では1つのことだけを述べる

6 既知から未知の順序で並べる

7 パラレリズム(並列)を守る


顔脱毛・全身脱毛完全ガイド



【レビュー】

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、ビジネスの現場で欠かすことのできない「書く技術」を身につけるためのノウハウ書ですが、見本集としての要素も含んでいます。効果的なビジネス文章をつくるために考慮すべき七つの法則をあげて、文章作成に必要な考え方や情報の整理の仕方、文章構成のコツなどについて解説しました。

内容(「MARC」データベースより)

論理的・効果的な文章構成の仕方、読ませずに必要な情報をもれなく伝える工夫、読み手の予測に合わせた文章の書き方などをまとめ、豊富な例題とトレーニング形式で仕事に使える「書く・伝える技術」を伝授。


【目次】

基礎編

「書く技術」が身につけば、仕事の効率はもっと上がる!

 「読ませない文章」をいかに書くか
  文章の良し悪しがビジネスの成否を分ける
 「書く技術」を身につけ、コミュニケーション力を高める ほか

理論編

「書く技術」が驚くほどアップするビジネス・ライティング七つの法則

  まず、何を述べるかを書く
  全体の構成は、段落単位で検討する
  段落ごとに冒頭に要約文をおく ほか

実践編

パターンと手順を覚えて、実務の文章づくりにトライしよう

  ライティングは、この二つの型さえ覚えてしまえばOK
  ビジネスの文章は、この手順で書き上げる
  説得の文章―提案書をつくってみよう ほか



【PR】頭文字 D 映画 DVD 安い

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。