頭語・結語


頭語・結語の使い分けの例


(一般的な文書の場合)

 頭語:「拝啓」   結語:「敬具」


(より丁寧な文書の場合)

 頭語:「謹啓」   結語:「敬白」もしくは「謹白」


(より簡単な文書の場合)

 頭語:「前略」   結語:「草々」


(急ぎの場合)

 頭語:「急啓」   結語:「敬具」もしくは「草々」





さて、全部知ってましたか〜?



平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。


頭語・決まり文句


平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

このたび弊社におきましては、お客様のサポート体制強化を目的に広島営業所を新たに設立いたしました。

・・・・(以下省略)




といったように、お客様や取引先に対してのビジネス文書では、「拝啓」という頭語を使わず以上のような文体を取るケースが多くみうけられます。






【PR】頭文字 D 映画 DVD 安い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。