資料請求の際は・・


ビジネス文書もメール文章もキラリ☆


【資料請求の際の例文】

平成○年○月○日

 ○○○株式会社
  人事部 御中

資料ご送付のお願い


 謹啓 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
私、○○大学○学部4年に在学中の〇〇と申します。現在、医療コンピュータメーカーを中心に就職活動を行なっております。その中でも、適正価格戦略にて、業界の新たなリーダーを目指されている貴社に非常に共感をおぼえました。
 つきましては、貴社の会社案内・製品カタログなどの資料等を、ご送付いただきたくお願い申し上げます。
 お忙しいところ、誠に恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
謹白


〒111-111 〇〇県〇〇市〇〇〇
電話000-000-0000 携帯電話090-000-0000
〇〇大学〇〇学部4年
〇田 〇男





【注意点】
就職課や、職業安定所にて、担当者の名前がわかる場合は、「人事部 〇〇殿」のように、担当者の名前を書きましょう。なお、受け取る会社側からして、一番困るのが、郵送する際の「封筒」の宛名の部分に、ただ単に、「株式会社〇〇御中」とだけ書いてあるものです。実際に私の会社であったエピソードですが、ただ単に、宛名には「株式会社〇〇御中」、裏側の名前は、これまたただ単に「個人名」という封書が、就職を希望する学生の方から届いたのですが、実際、その封書が開封されたころには、募集が終わっていたという、当人からすれば、笑えないこともあります。

就職を希望する会社に、資料請求をするさいは、中身も、もちろん大事ですが、開封してもらわないと話しになりませんので、しっかりと「担当部署」「担当者」、そして、その両方がわからないときには、しっかりと「資料希望」という文字を封筒に書いておきましょう。

なお、ここで出てくる「謹啓(きんけい)」「謹白(きんぱく)」とは、「拝啓」「敬具」よりも丁寧な場合に用いるので、こういった初めて、就職を希望する会社に、資料請求を行なうさいの頭語と結語にはふさわしいと思われます。(まぁ、うちの会社なら、拝啓でも別に何も思いませんが・笑)



応募書類を送付する際は・・


ビジネス文書もメール文章もキラリ☆


【応募書類送付の際の例文】

平成○年○月○日

 ○○○株式会社
  人事部 〇〇 〇〇殿

応募書類送付の件


 謹啓 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
先日は、お忙しい中、資料を送っていただき、ありがとうございました。資料を拝見し、貴社の社風や、今後の展望を勉強させていただいた結果、是非とも、より詳しい内容をお聞きしたうえ、私も貴社の一員として貢献できればと思い、履歴書及び必要書類一式を送付させていただきます。まずは、直接、お話しできる機会をいただきければ幸いです。
 お忙しいところ、誠に恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
謹白


〒111-111 〇〇県〇〇市〇〇〇
電話000-000-0000 携帯電話090-000-0000
〇〇大学〇〇学部4年
〇田 〇男





【注意点】
就職課や、職業安定所にて、担当者の名前がわかる場合は、「人事部 〇〇殿」のように、担当者の名前を書きましょう。なお、受け取る会社側からして、一番困るのが、郵送する際の「封筒」の宛名の部分に、ただ単に、「株式会社〇〇御中」とだけ書いてあるものです。実際に私の会社であったエピソードですが、ただ単に、宛名には「株式会社〇〇御中」、裏側の名前は、これまたただ単に「個人名」という封書が、就職を希望する学生の方から届いたのですが、実際、その封書が開封されたころには、募集が終わっていたという、当人からすれば、笑えないこともあります。

また、学生の方に多いのですが、上記のような、言ってみれば、履歴書などに、ちょっと添える文書に、おそろしいほどの自己PR文を書きなぐって、添え状が、2枚、3枚となっている方がいらっしゃいます。あの〜 はっきり言いますが、そんなに一生懸命、添え状書いても、読みませんので。。。あしからず。

あくまでも「添え状」は「添え状」
そんなにパワーがあるのなら、しっかりと「履歴書」や「エントリーシート」に力を注ぎましょう。

なお、ここで出てくる「謹啓(きんけい)」「謹白(きんぱく)」とは、「拝啓」「敬具」よりも丁寧な場合に用いるので、こういった初めて、就職を希望する会社に、資料請求を行なうさいの頭語と結語にはふさわしいと思われます。(まぁ、うちの会社なら、拝啓でも別に何も思いませんが・笑



面接が終わった後に出す手紙は・・・


ビジネス文書もメール文章もキラリ☆


【面接後、お礼の手紙を出す際の例文】

平成○年○月○日

 ○○○株式会社
  人事部 〇〇 〇〇殿

 謹啓 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
先日は、面接の機会をいただき、誠にありがとうございました。当日、○○様が、おっしゃっていた「業界の現状」、「今後の貴社の展望」、「貴社の社風」などのお話しは、大変わかりやすかったです。中でも、チャレンジ精神の旺盛な若い社員の方が多いという点が、非常に印象的でした。当日、面接で申し上げたとおり、私も、貴社で、積極的にチャレンジ精神を発揮し、貢献できればと思っています。
 では、末筆ではございますが、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
             
謹白


〒111-111 〇〇県〇〇市〇〇〇
電話000-000-0000 携帯電話090-000-0000
〇〇大学〇〇学部4年
〇田 〇男





【注意点】
さて、お礼の文章ですが、裏話を話すとすれば、実際のところ、この「お礼の文章」が届いたときには、すでに合否が決定している場合が多いです。にもかかわらず、2枚、3枚と、綺麗な便箋に、長々と「お礼」とも「自己PR」とも「懇願(笑)」とも取れる文書を送ってくる方が、毎年、2〜3人いらっしゃいます。

あの〜 そのパワーを・・・ぜひ、面接で(笑)

ですので、この「お礼の文章」は、出すのであれば、スピーディに、面接の帰りにでも出しましょう。ビジネスは、なにごともスピードが命です。もしも、あなたが一次面接をクリアして、2次面接へのステップアップに成功しているのであれば、スピーディ、かつ簡潔な「お礼状」は、2次面接で登場するであろう、オッサン連中(失礼)には好印象を与えることでしょう。


なお、ここで出てくる「謹啓(きんけい)」「謹白(きんぱく)」とは、「拝啓」「敬具」よりも丁寧な場合に用いるので、こういった初めて、就職を希望する会社に、資料請求を行なうさいの頭語と結語にはふさわしいと思われます。(まぁ、うちの会社なら、拝啓でも別に何も思いませんが・笑)



内定を、いただいたら・・・・


○○○株式会社
  人事部 〇〇 〇〇殿

 拝啓 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
このたびは、採用内定をいただき、誠にありがとうございました。本当に嬉しく思っています。〇月〇日の入社の日まで、貴社に貢献できる社員に、いち早くなれるように、切磋琢磨していきます。入社までの間に、もし何かございましたら、いつでも連絡いただければ幸いです。いつでも出社できるような心構えでおりますので。
 では、末筆ではございますが、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
             
敬具




【内定を頂いたさいの、お礼のポイント】

私個人的には、内定の「お礼」は、ハガキで出すことをオススメします。
担当者は、封書も、もちろん大事に保管はしていますが、あなたが入社したあとに、意外なところで、コミュニケーションのキッカケになるのが、この「ハガキ」です。

これは、私が学校を卒業して、初めて入社した会社でのエピソードですが、私は、内定のお礼はもちろん、正月に、社長あてに、内定の御礼と入社後の決意表明(?)を書いた年賀状のハガキを送りました。私は、地方営業所での採用だったので、社長とは日ごろ顔を会わせない新卒社員だったのですが、入社半年くらいして、社長が営業所に来られたときに、「あ。君は、たしか年賀状くれたよな。」と言ってもらえました。その後、私が、どのようになったかは、あなたが想像するとおりです。


【PR】頭文字 D 映画 DVD 安い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。